ドメインを「blog.mikisoft.jp」から「miki-note.com」に変更しました!

用途に合わせて自由に変形!!多機能iPadスタンド「MOFT Float」をレビュー!

こんにちは!こんばんは!
みきです(・∇・ )

今回はiPadの多機能スタンド「MOFT Float」をレビューしていきます!

それでは、スタート!

この記事は「MOFT Float」をご提供頂き、レビューするPR記事です。
本記事では「MOFT Float 10.9インチ用」をレビューします。

「MOFT Float」とは?

「MOFT Float」はiPhoneやiPadなどのスタンドを発売している「MOFT」シリーズのiPad版多機能スタンドです。

多機能と言ってもイメージがつきにくいですが、具体的に下記の画像のような使い方ができます。

MOFT Floatで使えるモード

引用:https://www.makuake.com/project/moft_float/

キーボードで作業をするとき、画像の左上の形、動画を見るときは右上の形など用途に合わせて自由に形を変えることができます!

特に左上のフローティングモードが「MOFT Float」の大きな特徴になっています。
こちらのモードは後ほどレビューしていきます!

「MOFT Float」は下記のiPadに対応しています。

  • 10.9インチ用はiPad Air 2020に対応
  • 11インチ用はiPad Pro 11インチ(第1&第2世代)に対応
  • 12.9インチ用はiPad Pro 12.9インチ(第3&第4世代)に対応

僕は、iPad Air 4(iPad Air 2020)を使用しているので、「MOFT Float 10.9インチ用」をレビューします。

「MOFT Float」を開封

さっそく「MOFT Float」を開封していきます!!

パッケージはこんな感じ

MOFT Floatのパッケージ

本体がこちらです!!

MOFT Floatの本体外観

スタンドを安定させるためか、通常のケースと比べるとかなり重めなのが安心感でもあり、残念ポイントでもあります。

本体にはロゴが表記されています。

MOFT Floatの本体に表記されているロゴ

背面はこんな感じ
背面にスタンドが収納されています。

MOFT Floatの背面

iPad Air 4を「MOFT Float」に装着してみました。

スピーカー穴や充電端子は問題なく使えます!!
かなり安心感のある作りで落としても問題なさそうなぐらい守られている感があります。

MOFT FloatをiPadに装着

MOFT Floatの大きな特徴である、フローティングモードを使ってみました。

MOFT Floatのフローティングモード

かなり自由に高さや角度を変えることができます。
自分にあった高さ、角度にすることで少しでも体の負担を減らせると言う点が非常に良いと思いました!!

iPadの位置を高めにしても倒れません…!

MOFT Floatのフローティングモードの高さ

続いて、横置きモードはこんな感じです。
僕は動画鑑賞時に使用することが多い形です。

MOFT Floatの横置きモード

ぐらついたりすることなく、安定感抜群です!!

他にも、縦置きモードも使えます。
ウェブブラウジングの際や縦置き派の方におすすめのモードです。

続いて、「Apple Pencil Gen 2 ケース」です。
「Apple Pencil Gen 2 ケース」のパッケージはこんな感じです。

MOFT Apple Pencil Gen 2 ケースのパッケージ

ケースに「Apple Pencil」をはめてみました。
こちらもしっかりと装着できています。

MOFT Apple Pencil Gen 2 ケースを装着

「折り畳み式キーボード」はこんな感じです。
かなりコンパクトに収納が可能で、外に持ち歩くのも簡単です。

MOFT 折り畳み式キーボードの本体1

背面にはロゴが表記されています。

MOFT 折り畳み式キーボードの本体2

「折り畳み式キーボード」の使い方をご紹介します。
まず、Bluetoothボタンを押し、ペアリングモードにします。

MOFT 折り畳み式キーボードのペアリング開始

iPad側から「MOFT Bluetooth 5.1 Keyboard」を選択し、ペアリングします。

MOFT 折り畳み式キーボードとiPadをペアリング

ステータスが「接続済み」に変わるとペアリング完了です!
また、「折り畳み式キーボード」側は、ライトが光り、接続していることを知らせてくれます。

MOFT 折り畳み式キーボードとペアリング完了

MOFT 折り畳み式キーボードのiPadと接続時のライト

実際にキーボードを使用してみました。
入力やカーソル操作も簡単に行うことができます。

まとめ

今回はiPadの多機能スタンド「MOFT Float」をレビューしました!

「MOFT Float」は、3つのスタンドモードを使え、用途に合わせて自由に変形できます。

本体やスタンドの作りもかなり丈夫にできており、安心できます。
一方、丈夫にするためか重さは感じるので、寝ながら動画鑑賞など、リラックスしながら見る際には「MOFT Float」を外すなどの工夫は必要になるかもしれません…!

「MOFT Float」は「Makuake」にて、応援購入が可能です!!

それでは、また次回のブログでお会いしましょう!!
ばいばい!

商品レビュー
みき

「みきのお家」運営者の「みき」です(*´ڡ`●)
「みきのお家」では、ソフトウェアや商品レビュー、プログラミング関係の情報を公開しています!!
SNSへのシェアやフォローもよろしくおねがいします!!

みきをフォローする
みきをフォローする
みきのお家

コメント